読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国:ブラーム家の人々

エルネア王国の日々のプレイ日記

4代目にして初タイトル獲得!!

今日は、20日!

☆星の日☆です

 

子どもの頃からの夢である、エナの子に選ばれたい!!

 

持ってる洋服の中で1番目立ちそうなのを選びました。

 

レイ「おはよう。どうかした?顔色あんまりよくないけど」

 

ミューズ「レイ、、うん、今日のコンテストに気合入れすぎて、緊張して一睡もできなくて、朝ごはんも食べられなかったんです(´・_・`)」

 

レイ「大丈夫だよ。とりあえずこれ食べて。」

f:id:ringonoke-ki:20160501205445p:plain

 

ミューズ「うん、ありがと。」

 

 

さて、香水もつけて、ノミネートされるのかどうかを待つのみ

 

f:id:ringonoke-ki:20160504194932p:plain

 

レイ「ミューズ、まだ時間あるし今からデートに行こう」

 

f:id:ringonoke-ki:20160504195852p:plain

ミューズ「うん」

 

デートしてたら、

 

f:id:ringonoke-ki:20160504200021p:plain

 

ミューズ「あっ!」

 

ノミネートされた??!

 

レイ「とりあえず良かったね!第一関門突破だ!

 

ミューズ「うん!ありがと!まだ、これからだけどね(*^_^*)」

 

レイ「うん!早く行こう」

 

王立競技場で

 

巫女「これからエナの子コンテストを始めます。みなさんにはノミネートされた方の中から、選んで頂きたいと思います。

まず、ノミネートされた方のご紹介です。男性の方からです!」

 

は、始まった!

えっと、何て言うんだっけ!?(・_・;?

 

巫女「はい、では次の方は、ミューズ・ブラームさんです。ブラームさんどうぞ!

 

えぇと、

ミューズ「清き一票をお願いしますm(_ _)m」

 

はっ!!これだけしか言えなかった(´・_・`)

大丈夫かな??

 

巫女「ブラームさん、ありがとうございました。では、投票に入ります。みなさん、エナの子にふさわしいと思う方に投票して下さい。」

 

ドキドキ☆

お願い〜〜>_<

 

巫女「では、結果を発表します。」

 

・・・・・・・・!!

 

巫女「ミューズ・ブラームさんです!」

 

f:id:ringonoke-ki:20160504202031p:plain

 

ミューズ「うれしいです!!みなさんありがとうございます!!!涙」

 

 

f:id:ringonoke-ki:20160504201901p:plain

 

4代目にして、初☆のエナの子に選ばれました!

 

レイ「ミューズ!!おめでとう!」

 

ミューズ「ありがとぉ>_<  レイのおかげだよぉ

レイ、この花、受け取ってくれる?」

 

f:id:ringonoke-ki:20160504204731p:plain

 

レイ「キレイな花だね。すごく嬉しいよ、、、ありがとう!」

 

ミューズ「ううん!いつもありがとう♡これからもよろしくね!」