読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国:ブラーム家の人々

エルネア王国の日々のプレイ日記

ねぇ、気づいてる??

レイが鈍感な件について。。

 

なんか今日は、気分が高まってる♪

だって、だって、うふふ♡

 

早く言いたいけど、レイに気づいてもらいたいな〜

 

でも、まずは、、、

はじめて2人きりの朝食♡

f:id:ringonoke-ki:20160607191830p:plain

アタシは、大家族で暮らしてただけあって、2人だとちょっと寂しいかな

 

でも、来年は、、、♡♡

あっ、いけない、いけない、、顔がにやけちゃう(>_<)

 

レイ「・・・・? 早く食べたら?ラダの世話しなきゃいけないって言ってたじゃん?」

 

えーーーー!!!

気づいてないのぉーー

 

 

もぉーー

 

ミューズ「お義母さーん」

 

マルセラ「ミューズちゃん?!どうしたの!!レイともうなんかあったのらかしら??」

 

ミューズ「実は、、、」

f:id:ringonoke-ki:20160607192651p:plain

ミューズ「アタシ、赤ちゃんできたみたいで♡」

 

マルセラ「えー!!ほんとに!!レイには言ったのかしら??なんて??わー女の子がいいわー♡」

 

お義母さん、大喜び(*^_^*)

 

ミューズ「それが、アタシ、レイさんから気づいて欲しくて、言ってないんです(´・_・`)すみません」

 

マルセラ「あらー、そうだったのぉ。ごめんなさいね、レイは鈍感なところが抜けなくて(´・_・`)でも、大丈夫!!何回でも仕掛けるのよ!気づくまで!!そうね、とにかく近づいて話しかけたりねっ」

 

ミューズ「わかりました!やってみます!」

 

 

レイのところへ行く途中、家族や親戚、友達に会うたびに、報告しちゃいました笑

f:id:ringonoke-ki:20160607193710p:plain

 

そして、最大の目的であるレイ!!

 

ミューズ「レイ!あのねっ、、」

 

レイ「ミューズ、今からどこかいかない?」

 

あっ!

やっぱり、さすがに気づいてる??

よね、、、?

 

 

レイ「ミューズ、どうしたの?」

 

ミューズ「なんでここなの?!」

 

f:id:ringonoke-ki:20160607194111p:plain

レイ「?気に入らなかった??」

 

ミューズ「神殿とか、ニヴの丘でも、話できるじゃん!!」

 

レイ「話?なんかあったの??」

 

えーー!

違うのΣ(゚д゚lll)

 

ミューズ「レイっ、よく聞いてね!あのね、アタシね、、、」

 

f:id:ringonoke-ki:20160607194421p:plain

ミューズ「アタシ、赤ちゃんができたみたいなの」

 

レイ「・・・!!!!えっ、本当に!!」

 

ミューズ「うん、、本当は、レイさんに気づいてほしかったの(>_<)」

 

レイ「そうだったのか、ごめん(´・_・`)次は、気をつけるよ!

あー、でもそっかぁ!嬉しいな!」

 

次!!もう次の話??!気がはやいな〜(*^_^*)

 

結局、アタシから言っちゃったし

しかもこの場所で、半裸で笑

 

でも、喜んでくれて、アタシも嬉しい♡