読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国:ブラーム家の人々

エルネア王国の日々のプレイ日記

密着その3

いつも、レイさんには何か贈り物をわたしてます!

だって、いつもいろーんな女の人から何かもらったりしてて、あたしも何しないと心配なんだもん。。

ただでさえ学生だしね(´・_・`)

 

だいたいエンツ(観賞用)、ナグンの実、それか、ジュースを渡してます!

 

本当は、お弁当を渡したいんですが、

レイさんのお家は、決まって家族そろって朝食を食べるので、なかなか渡せないのです!

 

でも、この間、朝お邪魔したら、

朝食の、時間でして  、、、

 

 f:id:ringonoke-ki:20160501210619p:plain

 

レイさんが、あたしがあげたジュースを飲んでました!

一生懸命作ったから、人にあげないで飲んでくれてて嬉しかったです♡

 

マルセラ「ミューズちゃん、いらっしゃい。ごめんね、ご飯が遅くて。みんななかなか、起きるのが遅いから(*^_^*)」

 

ミューズ「あたしも常識のない時間に来てしまって、すみません。」

 

マルセラ「ところで、エドワードと何か約束?いいわねー、一緒にどこか遊びにいくのかしら!!」

 

ミューズ「いえ、あの、、あたしは、レイさんに用があっ」

 

って、レイさんもういないΣ(゚д゚lll)

 

マルセラ「そうなの?でもレイは、出かけるの早いのよ。女の子たちが、家に来るからって。逃げてるんですって笑

でも、最近、好きな子がいるみたいで、朝も私の作った料理じゃなくて、毎日ジュースしか飲まないのよ(*^_^*)

本人は言わないけど、その子が作ってくれたんじゃないからしら?と思ってるの」

 

それってあたしのこと?

でも、あたしから会いに行かないと、レイさんからは、会いに来てくれないし。

 

やっぱり好きな人がいるんだ!絶対!

で、その女の人も、あたしと同じ作戦をしてる模様。。。。

 

 

とりあえず今日は、レイさんが他の人と約束をさせない作戦で行こう!!(←いつもその作戦しかしてないw)

 

 

ミューズ「レイさん!!ふぅー。。。はぁ、はぁ(走った)やっと見つけました!探索に行きましょう!」

 

 

レイ「探索はいいけど。。で、俺に会いに、ここまで来たんだ?そんなに急いで?

その格好までして?」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501105913p:plain

 

はっ∑(゚Д゚)

 

ミューズ「わーーーーー!!!あっ、あの、ちがうんです!!ごめんなさい!!でっ、では、森の小道で//////

 

レイ「まぁ、混浴のここが悪いんだけどね。それに、ミューズはまだ学生だしね〜♪」

 

ミューズ「いっ、今は、学生だけどっ、あともう少しで、大人になってナイスバディーになるんだからっ!

 

レイ「ふぅん。じゃあ楽しみにしてるよ♪」

 

 

ーーーー✳︎ーーーー✳︎ーーーー

 

ミューズ「レイさん!遅いです!もう待ったんですよ!!」

 

レイ「・・・・・・!お待たせして、すみません。」

 

父さん「こらっ、ミューズ、先輩にその言葉使いはないだろ。ごめんな、レイ。ミューズの探索にいつも付き合ってくれてるんだって?この子、強引だから。」

 

レイ「いえ、自分のレベルもまたまだこの位なので、丁度いいです。」

 

父さん「そうか、ありがたいな。今日は、俺も一緒だから、よろしくなっ♬」

 

レイ「こんな強い方なのに森の小道なんて。。すみません。よろしくお願いします。」

 

レイ「(小声)ミューズ、ちょっと、なんでお父さん誘ったんだよ」

 

ミューズ「だって、レイさんと探索行くって言ったら、父さんも一緒に行くって。

レイさんだって、学生は、身内以外の大人と2人きりで、探索できないの知ってるでしょう?」

 

レイ「知ってるけど。チャールズとか、弟とかさ。」

 

父さん「二人とも、何してるんだ?早く行くぞ!!」

 

 f:id:ringonoke-ki:20160501110138p:plain

 

 

そして、次は、おばのジャンヌおばさんに協力してもらいました!

 

f:id:ringonoke-ki:20160501110210j:plain