読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルネア王国:ブラーム家の人々

エルネア王国の日々のプレイ日記

ついに告白!!!

明日は成人式です。

 

レイさんの密着も終わりのときが来ました。

 

明日、レイさんに告白します!!

 

いいよって、言われるかわかりませんが。

言われなかったら、どうしよう。

先のことは考えてません>_<

 

でも、今年は長い1年でした。。

時間の流れが遅く感じてきていたので、終わりを迎えられて良かったです。   

 

 

父さんと母さんにも年末のあいさつをしました。

父さんは、3日前の27日に白髪になりました。

明日は、母さんもなります。たぶん。。。

1度茶色に染めてるから、ならないのかな?

  


夜寝る前に、

この前父さんに将来の夢を聞かれて、サリアの花って、ウソついちゃったから、

本当の夢を教えてあげます。サリアの花って信じてたかな?

 

ミューズ「ねえ、父さん。あたしね、ほんとは、エナの子になりたいんだ!

前言った、サリアの花っていうのは冗談だよ!心配しないでね!」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501170258p:plain

父さん「それなら、よかったよー。大人になる前に、サリアの花には人はなれないんだよ。って教えないといけないのかな、と思ってたから。騙されたよ笑」

 

ミューズ「ごめんなさい (´・_・`)」

 

今日は、学生最後なので、父さんと一緒に寝ます(_ _).。o○

 

f:id:ringonoke-ki:20160501164910p:plain

 

そして、次の日、新しい年になりました!

 

母さんの誕生日のお祝い。母さんもやっぱり白髪になりました。 


ミューズ「今日成人式があります。立派な大人になります!父さん母さん、今までありがとうございます。これからもよろしく お願いします。」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501164800p:plain

 ↑旧市街地に引っ越しになりました

 

父さん・母さん「おめでとう!大人の仲間入り楽しみにしているね!」

 f:id:ringonoke-ki:20160501165025p:plain

 

そして、いつものようにレイさん家へ

 

ミューズ「おはようございまーす」

 

レイ「ミューズ、今日は成人式だね。おめでとう。」

 f:id:ringonoke-ki:20160501165156p:plain

ミューズ「ありがとうございます(*^^*)」

 

!!、、まさか、レイさんから言われると思わなかった!?!?

嬉しい♡

 

まだまだ、レイさんとお話したかったけど、

兄弟や親戚のおじ、おばにもあいさつしないといけないので、またあとで会いにいきます!

 

あいさつ回りも終わって高炉に行ったら、レイさんがいました!

でも、もうすぐ昼の1刻!!

 

(うわさで、1日の朝までは、フリーだったのに成人式の間に恋人ができてたΣ(゚д゚lll)というのを聞いたので、心配でたまりません)

 

ミューズ「レイさん、あのっ、成人式が終わったら、お話があります。聞いてくれますか?」

 

レイ「もちろんいいよ。ここで、ミューズが来るのを待ってるよ。」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501165315p:plain

 

成人式も授業の時みたいに欠席する予定でした。しかし、叶わず強制移動です。

 

早く終わって!!!!

 

そのため、誰が代表だったのかも覚えてません(>_<)

 

そして

大人になったアタシ。急に背が伸びた感じがする!

けど、そんなの確認してるヒマは、ありません!

衣装も、全部そのままで、一気に、導きの蝶でレイさんの元へ連れて行ってもらいます=3

 

さぁ、蝶よアタシを、レ

ハラベ「ミューズ、成人おめでとう。ずっと待ってたんだ。2人で、この後どっか行かない?」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501165411p:plain

1番最初に大人の姿見せるのは、レイさんって!決めてたのに!!(もしくは、両親)

タイミングが悪いとは、正にこのことね。。。

 

ミューズ「ごめんなさい。アタシ、今急いでて、、、お祝いの言葉、ありがとうございます。では、すみません」

 

さぁ、気を取り直して、レイさんに一直線!!

 

 

ミューズ「レイさーん!!」

 

本当に高炉にいてくれた(#^.^#)

 

レイ「ミューズ!」

 

ミューズ「レイさん!大人になったアタシ、どうですか?」

 

レイ「すごく綺麗だよ。」

 

ミューズ「////ありがとうございます。、あっ、あの、さっき言った、お話があるので、2人でどこか行きませんか?」

f:id:ringonoke-ki:20160501165514p:plain

あっ、ハラベさんのせいで、どこか行かないって言っちゃった💦

幸運の塔って、言うはずだったのに((((;゚Д゚)))))))

 

 

レイ「もちろんいいよ。」

 

さぁ、本番よ!

頑張れアタシ!!!

 

ミューズ「レイさん、もう何回も言ってるから、聞きなれてるかもしれないけど、好きです。アタシと、付き合って下さい(>_<)」

 

よし、言うことは言えた!!!

 

レイ「いいよ。ミューズは気づいてなかったみたいだけど、俺もずっと好きだったんだよ」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501165608p:plain

ミューズ「えっ、、本当に???」

 

レイ「本当だよ。ずっとミューズが大人になるの待ってたんだ。だから、今すごくうれしいよ」

 

ミューズ「、、、、、、涙

アタシ、全然気がつかなくて、、、、、嬉しいです(>_<)」

 

レイ「待ってるのも、辛いんだよ。さっきも、他のやつに声かけられて、もし来なかったらとか考えたし。。。でも、来てくれて嬉しかった。ありがとう!」

 

ミューズ「レイさんっっ」

ぎゅっっ♡♡

 

レイ「これからもよろしくね、ミューズ!」

 

ミューズ「はいっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*」

 

f:id:ringonoke-ki:20160501165720p:plain